ビジネス渡航者の新型コロナウイルスPCR検査について

 

いくつかの国では、新型コロナウイルス感染の流行で行なっていた入国制限の緩和を始めています。その際に入国の条件として新型コロナウイルス感染症のリスク評価が求められています。

このような状況を受けて、このたび当院でもビジネス渡航者に限り「新型コロナウイルスのPCR検査および証明書の発行」を行うこととしました。

検査実施にあたっては日本渡航医学会の指導に従います。渡航に関係しないPCR検査には対応しません。

検査を受け付ける条件は

・ビジネス渡航者およびその帯同者(家族など)であること

・渡航する国、渡航する日が決まっていること

・渡航先の政府などから「新型コロナウイルス感染症に関する健康診断書」の提出が求められていること

です。

上記の条件を満たしている方が、所属する企業あるいは団体の依頼状(当院の書式)を持参して来た場合に限り、検査及び証明書の発行を行います。

予約

必ず電話で予約してから来院してください。ネットでは受け付けていません。予約がない場合は検査できません。電話番号は 0985-35-7725 です。

来院

予約時間を必ず守ってください。遅れる場合は連絡してください。

連絡なく予約時間に来院されなかった場合は予約はキャンセルとします。以降の予約も受け付けません。

来院時に、①検査の依頼状②パスポート③保険証をお持ちください。

渡航先の国から定められた書類がある場合はそれも確認させてください。

①検査の依頼状については予約時にお聞きください。

検査

検査は月曜日から金曜日に行います。

土曜日、日曜日、祝日は検査を行いません。水曜日は午前のみです。

検査前に同意書に署名していただきます。

検体は鼻咽頭ぬぐい液(鼻の奥に綿棒を入れて採取します)を使用します。

現時点では、検体として唾液や喀痰は使用しません。

検体採取の翌日昼過ぎに結果が判明します。結果が判明してから証明書を発行します。

原則として、検査翌日の午後には証明書発行できますが、検査の進行状況や検体輸送の都合などで遅れることもあります。

料金

新型コロナウイルスPCR検査と証明書の発行 32,000円(税込)です。

 

当院の渡航外来を初めて利用される方は 初診料3,000円(税込)をいただきます。

渡航前のワクチン接種などで利用されたことがある方は 再診料500円(税込)です。

 

 

証明書の郵送を希望される方は送料(レターパックプラス)520円です。

注意事項

・所属する企業あるいは団体からの「検査の依頼状」が必要です。

・来院は2回必要です。

      1回目:診察と検査、2回目:結果説明と証明書の発行

      2回目は代理の方でも可能です。証明書の郵送も可能です。

 

・新型コロナウイルス感染症では、症状がないにもかかわらずPCR検査が陽性になることがあります。検査結果が陽性の場合は法律に基づき保健所に届け出ます。検査を受けた方も感染者として保健所の指示に従っていただきます。

 

・予約時に渡航先、渡航予定日を確認します。

・渡航する国で必要な検査や証明書の内容についてはご自身で確認してください。当院が個別に調べることはありません。特に検査の有効期限を必ず確認してください。国によっては「入国の◯◯時間以内に検査していること」などの条件があります。

 

・入国時および入国後の対応は受け入れ国の方針に従ってください。証明書により当院が入国および入国後の活動を保証するものではありません。

ダウンロード
新型コロナウイルスPCR検査依頼状
所属する企業あるいは団体に記入していただき、検査当日ご持参ください。
PCR検査依頼書.pdf
PDFファイル 44.1 KB
ダウンロード
ビジネス渡航者PCR検査 同意書
ビジネス渡航(帰国者を含む)で新型コロナウイルスPCR検査希望される方に検査前に署名していただく同意書です。
ビジネス渡航者PCR検査 同意書.pdf
PDFファイル 61.3 KB