中国渡航を予定されている方へ

119日に出国される方から新しいルールが適応されます。

 

 

これまでの検査内容に「渡航1週間前のPCR検査」と「1週間の健康観察」が追加されます。(119日に渡航を予定している人は112日にPCR検査を行う必要があります)

 

さらに、抗体検査およびPCR検査の方法(使用する試薬など)についても厳しい条件が課せられることになります。当院はこの条件を満たすことができません。

このため当院では、119日以降に中国へ渡航される方の検査はお受けできなくなりました。

 

検査方法へ課せられる条件はかなり厳しく(国内で流通している試薬がほとんどないため)、現在検査を行っている医療機関の多くは離脱する模様です。

検査可能な医療機関については、大使館あるいは総領事館へ直接問い合わせるのが確実かと思います。当院は数日以内に登録医療機関のリストから削除されると思います

 

当院のご利用を検討されていた皆さんには大変ご迷惑をおかけしますが、当院の対応ではどうすることもできない状況であることをご理解ください。

1月の予定

水曜日、土曜日は午前のみの診療です。12時で受付を終了します。

 

年始は1月5日から診療を始めます。

 

1月13日(木)、17日(月)、24日(月)、31日(月)は受付を16時30分で終了します。

 

 

 

年明け1月2日(日)は休日当番として診療を行います。

アメリカ渡航前のPCR検査について

アメリカ渡航前のPCR検査を希望される方へ

 

 

米国へ渡航される方は、新型コロナワクチンの接種証明とPCR検査等の陰性証明が必須となります。米国渡航に際しては、米国籍または永住権保有者と非保有者で必要とされる手続きが異なります。

 

8日からハワイ州へ渡航する前の検査の条件が変更されます。米国本土へ渡航する際の規定と同じになります。

 

渡航を計画されている方は、ご自身でアメリカ大使館や領事館に確認してください。

 

注)アメリカ本土ならびにハワイ州へ渡航される方へ

現在、渡航前のPCR検査は出発前日または出発当日に行われたもののみが有効です。

スケジュール的に非常に厳しい条件です。

羽田空港や成田空港など出国する空港でのPCR検査を検討してください。

ごく限られた条件では当院での検査でも間に合います。


予約のお願い

 

従来より当院はすべての利用者の方に「来院前の予約」をお願いしておりましたが、感染予防の観点から、事前予約をより厳密にお願いします。

 

予約なしで来院された方については、自家用車の中など建物の外でお待ちいただく場合があります。

 

ご理解、ご協力ありがとうございます。


診療の予定


「1月」の予定をお知らせします。

診療日のページをご覧ください。

トラベルクリニック

(渡航外来)


海外渡航にともなう医学的な準備(予防接種など)のお手伝いをします。
海外赴任や留学前の予防接種などで利用される方もいます。
国内旅行であっても、ダイビング、高地トレッキング、子供連れなど旅行中の不安がある方への助言を行います。
どうぞお気軽にご相談ください。



一般診療は全ての診療時間で受け付けています。

来院前に、電話かネットでご予約ください。


定期接種や任意接種などの予防接種を行います。

事前に電話予約をお願いします。


ご都合の良い時間で健診の時間を確保します。

来院の日時についてはお電話でご相談ください。