麻疹(はしか)についての注意

7月下旬から8月中旬にかけて、千葉県松戸保健所管内で10例の麻疹(はしか)感染が報告されました。

 

これとは別件で、関西在住の男性がインドネシアから帰国後に麻疹(はしか)を発症し、他者への感染のリスクが高い時期に千葉県で行われた大規模なコンサートに参加していたという事案が発生しました。

コンサートが行われたのは8月14日です。会場は幕張メッセでした。

コンサートの前後は東京都内に滞在し、鎌倉(神奈川県)へも立ち寄ったようです。

自宅(関西)との往復の交通手段は明らかになっていません。新幹線や飛行機の他に高速バスの可能性もあります。

 

感染してしまった人は、潜伏期間を考えると、そろそろ症状が出はじめる頃です。

 

8月中旬に関東あるいは関西方面へ旅行し、発熱、発疹、結膜炎症状などがある方が受診を希望される際は、事前に電話でその旨をお伝えいただくようお願いします。

 

8月31日 追記

新しく関西国際空港で接客業務を行っている会社の従業員から麻疹(はしか)の感染が確認されました。従業員の家族や会社の同僚など37名について感染の可能性があるとして、現在確認中です。

8月17日以降に関西国際空港を利用した人に対して注意を呼びかけています。