おたふくかぜの流行が続いています

「おたふくかぜ」の流行が続いています。

全国的にみると宮崎はもっとも感染者が多いようです。

「おたふくかぜ」感染に伴って無菌性髄膜炎を起こすことがあります。また、感染の後には難聴になることもあり(数百人にひとり)、感染しないことが望まれる病気です。

「おたふくかぜ」はワクチンで予防できる病気です。ワクチンを2回接種することで十分な免疫を獲得することができます。

ワクチンを一度しか接種していないひとやワクチン接種歴がはっきりしないひとは、ワクチン接種を考えてください。