抗菌薬啓発週間

11月16日から22日までの一週間は、「抗菌薬啓発週間」です。

 

耐性菌の蔓延を防ぐために、抗菌薬(抗生物質)の適正な使用を呼びかける取り組みです。世界的な規模で行われるのは今年が初めてです。

 

抗菌薬の適正使用は医師だけでは達成できません。

薬を処方される立場の人も、自分に処方された薬がなぜ必要なのか、どうしてその薬なのか、勇気を出して質問してみてください。真剣に感染症と向き合っている医師なら必ず丁寧に答えてくれるはずです。

 

いま使われている抗菌薬が、次の世代でも効果的な薬であり続けるように、抗菌薬の適正使用をみんなで意識しましょう。