日本脳炎感染の報告がありました

千葉県疾病対策課によると、先月の下旬(8月21日)に発熱のため入院した0歳の男児が、日本脳炎に感染していたと診断されました。意識障害や脳神経麻痺の症状がみられたそうです。千葉県内での日本脳炎発生は25年ぶりです。

 

日本脳炎は日本脳炎ウイルスによる感染症です。日本以外でも東アジアから東南アジアにかけてみられる感染症です。人から人へうつる病気ではなく、ウイルスを持った蚊(コガタアカイエカ)に刺されることによって感染します(蚊によって媒介される病気です)。

日本脳炎について、こちらにくわしく書きました。よかったら読んでください。