RSウイルス感染症に注意しましょう

先月後半から、県内ではRSウイルス感染症が増加してきています。RSウイルス感染症は2歳までにはほどんどのこどもが感染する病気ですが、感染が初めてだったり乳児期早期であったりすると、細気管支炎や肺炎など重症化のリスクが高くなります。特別な治療薬は無く、集団生活などでの流行の抑制が難しい病気です。周りでの流行の状況に注意しましょう。流行時は特に手洗いや生活環境の衛生管理に努めましょう。苦しそうな呼吸がみられるようなら、ためらわずに医療機関を受診しましょう。

RSウイルス感染症についてはこちらにももう少しくわしく書いています。